家での葬儀などでは座礼焼香で行われます


葬儀・告別式:座礼焼香

畳敷きの会場で行われる葬儀では、座った状態での焼香が行われます。
これは座礼焼香と言い、よく見かける葬儀スタイルです。

その流れに関しては、一般的に立って行う立礼焼香と余り変わりはありません。

ただ、常に移動は中腰で行い、座布団に座る前には一礼するのがマナーです。


座礼焼香の流れ

①遺族に一礼
自分の番が来たら中腰の状態で祭壇の前まで進み、祭壇横に座っている遺族に対して正座をし、一礼します。
②焼香席に座る
その後祭壇に向きなおし、飾られている遺影を仰ぎ見てから一礼し、膝でにじみ歩く様に焼香席である座布団の上に着座します。
③焼香を行う
右手に持っていた数珠を左手に持ち替え、親指と人差し指、そして中指の3本で抹香をつまみ、頭を少し下げて額の高さまで抹香をおしいただきます。その後、擦るような感覚で静かに香炉に抹香を落とし入れます。(宗派によって多少違いがあります»
④再度、遺影・位牌に向かって合掌
焼香の後、数珠を両手に掛け再び合掌を行います。
*数珠の持ち方に関しても宗派によって違いはありますが、一般の弔問の方は、さほど神経質になる必要はありません。自分の宗派の形、もしくはそれらしい形であれば問題ありません。
⑤遺影・遺族の方に対して再度1礼
祭壇に向いたまま焼香席から後ずさりをして、再度遺影・位牌に対して一礼。その後、遺族に対しても一礼し自席に戻ります。

葬儀・弔問・告別式の基本コンテンツ

そもそも弔問ってなに? 弔問とは?訪問する時のマナーは?遺族に迷惑を掛けない弔問の基礎知識をご紹介
葬儀・告別式の後の弔問って迷惑? 故人との関係が深いほど亡くなった人への思いは強いもの。だから後日弔問を行いたいけど・・・これって迷惑?
お焼香:宗派によっての違い 恥をかく前に、知っておこう! 宗派によって違うお焼香の作法。微妙に違う焼香の手順
線香焼香:線香の灯し方・マナー・基本 宗派によって違う線香の本数・立て方。意外と知らない線香のつけ方をご紹介
弔辞を頼まれたら 弔辞の書き方や読み方など基本的なマナーをご紹介
キリスト教 葬儀 作法・手順・マナ キリスト教の葬式に参列する際、先ず知っておかなければならのが、仏教や神道などの死の捉え方と違うという点
神道 葬儀 作法・手順・マナー 玉串奉奠? 神道(しんとう)の葬儀は少し特殊。弔問の際知っておきたいマナー・手順・作法をご紹介
座礼焼香のやり方・手順・マナー 立礼焼香とやり方は同じ。ただ、移動する際は常に中腰で
立礼焼香のやり方・手順・マナー 一般的な焼香のやり方。でも、チョッとした決まり事があります。また、宗派によっても違いが・・・
回し焼香のやり方・手順・マナー 座った状態で行う焼香。基本的には順序は同じ。スペースが狭い分、簡素に行うのが特徴
| 弔電の事がよく解らない。なら、専門のお店で頼みましょう!
デザイン豊富でお得な弔電サービス VERY CARD

弔電の事なら専門サービス店「VERY CARD」で!

とにかくサイトを見て頂ければ解りますが、非常に多くのデザインを提供している専門サイトです。

また、商品の質に反して料金設定がとってもリーズナブルに!

その理由は、インターネットのみの受付に対応し、中間コストを抑える事で格安のサービスを提供しているからです(電話対応はしておりません)。

全国送料込み(1,280円~)!更に文字課金350文字まで一律料金で、通常の1/3の価格にまでダウン!
まさにネットに特化した専門店と言えます。

その他、専門店ならではのサービスも充実。

弔電に関しての詳細な基本情報も丁寧に記載されており、利用者の評価も高いお店です。

また、法人にはありがたい「供花のサービス」も行っています。
同時にまとめて注文出来るので、とっても便利です!