遺言書.com

弔問に関するマナー・基本知識をご紹介

弔問とは?|葬儀・弔問.com

恥をかく前に知っておこう!弔問の事を・・・


弔問とは

弔問・・・。
実際、葬儀や告別式などとはどう違うのでしょう?

そんな疑問を持たれている方も、結構多いのではないでしょうか。

特に、事が事だけに失礼があってはいけません。
悲報が届いてからでは遅すぎます。だから、事前によく理解しておく必要があります。

先ずは弔問とは何なのか。そして、遺族・喪家に失礼の無いようマナーとは。

この当たりをしっかりチェックしておいて下さい。


弔問とは?

弔問とは

そもそも弔問とは、亡くなられた方のご自宅に伺い、遺族に対してお悔やみの言葉を述べる事を指します。

知人の悲報が届いた時点で、先ず故人の自宅に駆けつけ、遺族に対してお悔やみの言葉を掛けるのが弔問です。

その為、葬儀・告別式が行われる前に「弔問に訪れる」というのが自然な形となるわけです。

因みに、お通夜の場合も自宅で行われるので弔問に当たります。

ただ、最近では通夜の安置場所も葬儀会場の一室に設けられている場合が多いので、自宅に伺うとはチョッと意味合いが違うかも知れません。

また、業者の挨拶などでも「ご弔問賜り誠にありがとう御座います・・・」等のアナウンスで表現されていますので、弔問にあたるのでしょう。
(*因みに、葬儀・告別式の場合は「ご会葬賜り誠にありがとう御座います・・・」と挨拶されます。)

尚、葬儀・告別式にどうしても参列出来なかった場合などは、後日お線香をあげにご自宅へ伺う事になるのですが、その行為も「弔問」にあたります。

弔問時のマナーは?

弔問に訪れるタイミング

先ず、故人との関係で友人や会社の同僚・部下・上司など、親しい間柄の方が弔問に訪れた場合は、ご遺族に対して通夜・葬儀に関して何か手伝える事はないか尋ねるようにしたいものです。

その際、ご遺族から「上がってお線香をあげて欲しい」などの要望があった場合は、お線香をあげ故人にお会いする事も可能でしょうが、なるべくこちらから上がろうとする事は避けたいものです。

ご遺族は、悲しみに加え通夜・葬儀などの準備等で大変な時でもあります。

また、こんな時に上がりこむと重ねて気遣いを与える事となるので、邪魔にならないよう早々に引き取るようにしましょう。

親族や親しい間柄でない方の場合、葬儀・告別式には参列せず、後日落ち着いた時(数日後)に弔問に伺う事となります。

しかし、ここで注意したい点があります。
それは、弔問に訪れる時期です。

葬儀が終わってから日を空けて訪問する事は、ご遺族にしてみればチョッと大変かもしれません。

弔問に訪れる方からすると、「落ち着いてから・・・」と言う考えが「相手への配慮」と思いがちですが、これは間逆です。

ご遺族からすると自宅に招き入れる訳ですから、それなりに弔問客への配慮や準備が必要となってきます。

葬儀後は、弔問客が訪れる事を前提としていますので、迎い入れる準備は出来ています。
しかし、葬儀が終わってから間が開くと、普段の生活に戻りつつあるところへ弔問に訪れる訳ですから、非常に精神的にも疲れが出てしまいます。

弔問に訪れる場合は、葬儀から間を置かず伺うようにしたいものです。


弔問に伺う時期は、一般的には49日法要までに伺うようにしたいものです。

弔問に訪れる時の服装

弔問に着て行く服装

悲報を聞いて急いで駆けつけた。
そんな弔問時に喪服を着て訪れる事は、マナー違反にあたります。

これは「準備していた=死を待っていた」と言う意味から、失礼な行為にあたるからです。

弔問に訪れる際は、平服で行くことが望ましいです。
また、この時に香典を持参するのも同じ意味でマナー違反となります!

・・・と、基本的なマナーとしては上記の通りなのですが、一般的には、亡くなられてから葬儀場の方へとご遺体が移され、その場でお通夜と葬儀・告別式が行われるケースが増えてきました。

その為、通夜でも喪服を着て弔問に訪れるのが一般的となっています。

また、現在ではご自宅で通夜を行う場合でも、訃報が届いてから通夜が行われるまでに時間がありますので、平服で弔問に訪れる行為自体が「逆にマナー違反に当たる!」と言う考え方も一般的となってきました。


| 葬儀後の弔問の場合は?

葬儀・告別式が終わった後、弔問に訪れる場合は「略礼装」で伺うようにしましょう。(シンプルで清潔感があれば平服でも構いません。)

その際、お香典や心づけのお花などを用意しておくと良いかもしれません。(お通夜の場合は、葬儀・告別式と同様、礼服で弔問します)

よくお線香を持参される方が多いですが、これはチョッと処分に困る場合があります。
と言うのも、葬儀会社に依頼した場合、葬儀後自宅で「お線香を絶やさぬように」という事から、多くのお線香を頂く場合があります。

すると、弔問に訪れた方からの線香も合わせると、処理できない位の量になってしまうからです。

後日弔問に訪れる場合は、チョッとした量のお花を持参する方が良いかもしれません。

ただ、お花も花瓶等が必要な形での持参は避けた方が良いでしょう。(足りなくなる場合もあるからです。)

花瓶の要らないアレンジフラワーなどをお供えとして準備されたら如何でしょうか。

*お花屋さん等で亡くなられた方の年齢や自分との関係性などを少し話して、故人に合ったアレンジをしてもらうのも良いかもしれません。

| ブラックフォーマルで悩んだら、まずはココをチェック!
ブラックフォーマルならTISSE

女性の為のフォーマル専門店【TISSE】

女性のフォーマルアイテムを専門に扱うネット通販サイト【Tisse】。

フォーマルスペシャリスト検定1級を所持するスタッフにより、厳選されたブラックフォーマルをコーディネート!
是非、試して頂きたいワンランク上のスタイルです。

また、対象商品2点が試着可能!もちろん、返品送料は無料!

ご自宅でゆっくり試着できる画期的なシステムを導入!

そんな点が『Tisse』が支持されている理由でもあります。

更に、フォーマルで必要なバックの他、コサージュ、アクセサリー、バック類もセンスの良いものばかり!

何かと悩むブラックフォーマルのコーディネート。
ココならまとめて簡単に選ぶことが出来ます。


初めての喪服・礼服選び:Tisse

葬儀・弔問 基本コンテンツ

そもそも弔問ってなに? 弔問とは?訪問する時のマナーは?遺族に迷惑を掛けない弔問の基礎知識をご紹介
葬儀・告別式の後の弔問って迷惑? 故人との関係が深いほど亡くなった人への思いは強いもの。だから後日弔問を行いたいけど・・・これって迷惑?
葬儀・告別式への出席 故人と自分との関係の深さで変わってくる葬儀・告別式への参列の目安。また、弔問に際しての注意点もご紹介
お焼香:宗派によっての違い 恥をかく前に、知っておこう! 宗派によって違うお焼香の作法。微妙に違う焼香の手順
葬儀・通夜・告別式 服装・マナー 故人との関係によって違う喪服の種類。準礼装?略礼装?相応しい礼服とは?
線香焼香:線香の灯し方・マナー・基本 宗派によって違う線香の本数・立て方。意外と知らない線香のつけ方をご紹介
弔辞を頼まれたら 弔辞の書き方や読み方など基本的なマナーをご紹介
弔電の仕方・マナー・文例 弔電の文例・宛名・宛先・打電の仕方などの基本知識をご紹介
家族葬とは:家族葬に弔問はできる?できない? 家族葬への弔問は、遠慮する場合と参列してもらいたいと言う遺族の希望があるので、判断に迷います
キリスト教 葬儀 作法・手順・マナ キリスト教の葬式に参列する際、先ず知っておかなければならのが、仏教や神道などの死の捉え方と違うという点
神道 葬儀 作法・手順・マナー 玉串奉奠? 神道(しんとう)の葬儀は少し特殊。弔問の際知っておきたいマナー・手順・作法をご紹介
座礼焼香のやり方・手順・マナー 立礼焼香とやり方は同じ。ただ、移動する際は常に中腰で
立礼焼香のやり方・手順・マナー 一般的な焼香のやり方。でも、チョッとした決まり事があります。また、宗派によっても違いが・・・
回し焼香のやり方・手順・マナー 座った状態で行う焼香。基本的には順序は同じ。スペースが狭い分、簡素に行うのが特徴


Copyright(c) 葬儀・弔問.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com