葬儀・告別式:参列する前に注意しておきたい項目


項目1:携帯電話(スマートフォン)の電源はオフに! 葬儀告別式における携帯電話のマナー違反は、非常識な人と見られます
項目2:意外と目立つ!女性のバックと靴 女性のパンプスやハンドバッグは意外と目に付く
項目3:弔電とは?いつ?どうやって?誰が? 弔電の文例・宛名・宛先・打電の仕方などの基礎的なマナーを知っておこう!
項目4:その腕時計。葬儀・告別式でも大丈夫? 普段身に着けている腕時計が葬儀ではマナー違反になる場合も!


葬儀・告別式への出席 コンテンツ

| 弔電の事がよく解らない。なら、専門のお店で頼みましょう!
デザイン豊富でお得な弔電サービス VERY CARD

弔電の事なら専門サービス店「VERY CARD」で!

とにかくサイトを見て頂ければ解りますが、非常に多くのデザインを提供している専門サイトです。

また、商品の質に反して料金設定がとってもリーズナブルに!

その理由は、インターネットのみの受付に対応し、中間コストを抑える事で格安のサービスを提供しているからです(電話対応はしておりません)。

全国送料込み(1,280円~)!更に文字課金350文字まで一律料金で、通常の1/3の価格にまでダウン!
まさにネットに特化した専門店と言えます。

その他、専門店ならではのサービスも充実。

弔電に関しての詳細な基本情報も丁寧に記載されており、利用者の評価も高いお店です。

また、法人にはありがたい「供花のサービス」も行っています。
同時にまとめて注文出来るので、とっても便利です!


葬儀・告別式とは?

葬儀・告別式への出席・参列

先ず、「葬儀・告別式とは何か」という事を知っておく必要があります。

葬儀は、亡くなられた故人を葬るために行われる儀式です。
そして告別式とは、故人にゆかりのある人が別れを告げるための儀式です。

本来、それぞれ別に行われる儀式で、故人や喪家との関係の深さにより両方出席するか、それとも告別式だけに参列するかで変わって来ます。

葬儀に関しては、遺族や親族、近親者の他、勤務先など社会的関係が深かった人達。そして、友人などで執り行われます。

それ以外の一般の弔問客は、告別式からの出席となります。

葬儀のみに参列する場合は?

諸事情により、葬儀だけの参加というケースもあるかもしれません。

そのような場合は、事前に末席の方に参列し、葬儀が終わって告別式に移る時に静かに退出します。

また退出する際は、遺族の方には声をかけず、受付などでお世話をされている方に「宜しくお伝え下さい」などの伝言を残してから失礼するように心掛けて下さい。

葬儀から参列される方は、定刻よりも早めに伺うようにしたいところです。
決して、僧侶の読経や祈祷中に遅れて入っていかないように。大変失礼に当たります。

また参列した際、決まった席に指示が無い場合は、自分の立場等を考慮してやや控え目な席に着くようにします。

告別式に参列する場合は?

葬儀・告別式への出席・参列

告別式は、読経が唱えられる中、順番に焼香・献花を行っていく儀式となります。

なので、式が行われている時間内に伺うようにすれば良いでしょう。

ただ、葬儀がどの宗派で行われているかによっては焼香の仕方も変わって来ますので、事前に係りの人などに確認しておく為にも、早めに伺うようにしておきたいところです。