遺言書.com

葬儀・通夜・告別式ではどんな服装が相応しいの?

葬儀の服装|葬儀・弔問.com

喪服とは?


喪服

そもそも喪服とは・・・。
本来、喪に服すべき人だけが着るためのものでした。

しかし今現在では、故人に対する礼儀や哀悼の意を込めて気持ちを表す衣服として、一般の参列者も身に付けるものとなりました。

本来は「死は不浄なもの」と考えられ、その死に直接関わった遺族は一定期間外に出ず、家に閉じこもり喪に服していました。
その際身に付けていたのが、喪服です。

その考えからすると、近隣者や一般会葬者が故人を見送る際、喪服にこだわる必要は本来無いのです。

地味で清潔感のある服装であれば、何ら問題ありません。

それよりも大事なのは、故人を死を追悼する気持ちと、悲しみを表すその姿勢が大切なのではないでしょうか。


同僚・上司・親しい間柄の服装は?

葬儀・弔問での服装

○洋服の場合

故人に対して親しい間柄の場合、通夜、もしくは葬儀からの弔問となります。

もちろん、諸事情により通夜のみ弔問する場合もあるかとは思いますが、基本、服装は「準礼装」となります。

とは言え、最近では準礼装や略礼装、平服の違いというものは余り感じられません。

特に男性の喪服に関しては、「礼服」や「ブラックフォーマル」などで統一され、主に黒の上下に白のワイシャツ、そして黒のネクタイが主流になっており、遺族、近親者、一般会葬者関係なく、喪服のスタイルはブラックスーツとなっています。

因みに、男性の準礼装はモーニングとされていますが、弔事に関しては余り見かけません(喪主や親族の方でも一般的な礼服を身に付けてらっしゃる方が多いように思われます)。
とは言え、一応ご紹介を。

ネクタイは黒無地。
ネクタイピンやポケットチーフは着用せず、ベストはモーニングコートと共布で白いえりは取っておく。
ズボンに関しては、慶事と同じ黒とグレーの縞ズボン。裾はシングルで、靴は黒で光沢のないプレーンなデザインを。

因みに、モーニングは名前の通り日中に身に付けるものです。通夜など夜行われる葬儀には使われません。

女性に関しても、洋服に関しては準礼服・略礼服の区別が余り感じられません。

基本、黒無地のワンピースやアンサンブルを用い、光沢のあるサテンや透けるレースなどの生地は避けます(デザインはえり元のしまったものを)。
そして、膝が隠れる位のフレアスカートや、プリーツスカートなどを身に付けるのも便利でしょう。
その他、髪型はすっきりとしたまとめ髪に。化粧も薄めで。
また、ニオイのきつい香水などは避けるようにしたいです。

*夏場に関しては、肌の露出が多いものはタブーです。ノースリーブとか・・・。
また、半そででも少し長めのものを選ぶようにしてください。

その他は、下記の一般会葬者の服装に準じます。


○和服の場合

和服に関しては、喪主や遺族の方たち以外では見かけることが殆どありません。特に男性は。

女性の場合も、身内以外で身に付けられる方は職種にもよりますが、余り見受けられません。
なので、和服に関しては、女性の場合のみ簡単に記載しておきます。

黒喪服か色無地の一つ紋、三つ紋。
黒地小紋の紋付き、黒喪帯又は格の高い色喪帯。
小物は全て黒一色で統一。
長襦袢と足袋は白。
光沢のない布製又は革製の草履。

○喪の色は黒

解りきった事ですが、通夜・葬儀・告別式で身に付けるものは、基本は黒です。

一般会葬者の場合、グレーや紺など地味な色合いでも構いませんが、光沢はNGです。

いくら喪の色が黒とは言え、光沢が入るとそれは黒ではありません。

エナメル素材やワニ革素材、ビーズなど光る素材は身に付けないように注意して下さい。
特に、靴やカバンなどは気を付けて下さい。


一般会葬者(近隣・知人)の服装は?

男性 喪服 略礼服

告別式などで一般の弔問客として参列する場合、チョッと悩むのが服装です。

最近では、喪服を着ることが主流となってきましたが、地味で清潔感があれば平服でも構いません。

とは言え、やはり男性ならブラック又はダークスーツに光沢のない黒の革靴。そして、黒のネクタイに靴下が基本となってきます。(*ネクタイピン・ポケットチーフは身に付けません。)

また、ハンカチは白無地か黒無地を用意します。


女性 喪服 略礼装

女性の場合は、黒のブラウスとスカートの組み合わせや、グレーや紺などのシンプルなスーツやワンピースなど。
ストッキングは黒か肌色。靴に関しては、光沢のない黒の革製か布製のパンプスを。(略礼装)

ただし、黒でもレースなど露出の多い服は避けましょう。
宝飾品も身に付けないのがマナーです。

また、バッグに関しても不祝儀袋が入る位の大きさで、光沢のない黒の革や布製のものを身に付けましょう。(爬虫類系はタブー。)

そして、女性で注意したいのが、マニキュア。
焼香する際、手を合わせたときに目立ってしまうので、必ずとっておきましょう。


喪服 ネックレス 一連パール

アクセサリーに関しては、原則として身に付けるものではありません。しかし、許される範囲であれば白や黒のパール、そしてオニキスなどの一連のネックレスが弔いの場では相応しいのではないでしょうか。

また、シンプルな一粒イヤリングなども挙げられます(原則としてアクセサリーは1点のみ)。

ただ、注意したいのが2連のネックレスは弔事では相応しくないと言う事です。
「不幸が重ねて続く」などの意味合いから、必ず避けなければなりません。

葬儀 服装・小物のマナー コンテンツ

» 葬儀・告別式に相応しい靴とは? 葬儀・告別式への出席で見落としがちなのが靴。足元は意外と見られるところ。葬儀・告別式に相応しい靴とは
» 葬儀・告別式に最適なフォーマルバッグとは? 葬儀・告別式への出席で悩むのが荷物。葬儀用の小さなバッグだとほとんど物が入らない!どうしよう?
» 葬儀・告別式 ハンカチの色・柄 葬儀・告別式への出席で見られて無いようでチェックされているのが、ハンカチ。意外と悩まれている方も多い葬儀でのハンカチ選び
| ブラックフォーマルで悩んだら、まずはココをチェック!
ブラックフォーマルならTISSE

女性の為のフォーマル専門店【TISSE】

女性のフォーマルアイテムを専門に扱うネット通販サイト【Tisse】。

フォーマルスペシャリスト検定1級を所持するスタッフにより、厳選されたブラックフォーマルをコーディネート!
是非、試して頂きたいワンランク上のスタイルです。

また、対象商品2点が試着可能!もちろん、返品送料は無料!

ご自宅でゆっくり試着できる画期的なシステムを導入!

そんな点が『Tisse』が支持されている理由でもあります。

更に、フォーマルで必要なバックの他、コサージュ、アクセサリー、バック類もセンスの良いものばかり!

何かと悩むブラックフォーマルのコーディネート。
ココならまとめて簡単に選ぶことが出来ます。


初めての喪服・礼服選び:Tisse
葬儀・弔問 基本コンテンツ
そもそも弔問ってなに? 弔問とは?訪問する時のマナーは?遺族に迷惑を掛けない弔問の基礎知識をご紹介
葬儀・告別式の後の弔問って迷惑? 故人との関係が深いほど亡くなった人への思いは強いもの。だから後日弔問を行いたいけど・・・これって迷惑?
葬儀・告別式への出席 故人と自分との関係の深さで変わってくる葬儀・告別式への参列の目安。また、弔問に際しての注意点もご紹介
お焼香:宗派によっての違い 恥をかく前に、知っておこう! 宗派によって違うお焼香の作法。微妙に違う焼香の手順
葬儀・通夜・告別式 服装・マナー 故人との関係によって違う喪服の種類。準礼装?略礼装?相応しい礼服とは?
線香焼香:線香の灯し方・マナー・基本 宗派によって違う線香の本数・立て方。意外と知らない線香のつけ方をご紹介
弔辞を頼まれたら 弔辞の書き方や読み方など基本的なマナーをご紹介
弔電の仕方・マナー・文例 弔電の文例・宛名・宛先・打電の仕方などの基本知識をご紹介
家族葬とは:家族葬に弔問はできる?できない? 家族葬への弔問は、遠慮する場合と参列してもらいたいと言う遺族の希望があるので、判断に迷います
キリスト教 葬儀 作法・手順・マナ キリスト教の葬式に参列する際、先ず知っておかなければならのが、仏教や神道などの死の捉え方と違うという点
神道 葬儀 作法・手順・マナー 玉串奉奠? 神道(しんとう)の葬儀は少し特殊。弔問の際知っておきたいマナー・手順・作法をご紹介
座礼焼香のやり方・手順・マナー 立礼焼香とやり方は同じ。ただ、移動する際は常に中腰で
立礼焼香のやり方・手順・マナー 一般的な焼香のやり方。でも、チョッとした決まり事があります。また、宗派によっても違いが・・・
回し焼香のやり方・手順・マナー 座った状態で行う焼香。基本的には順序は同じ。スペースが狭い分、簡素に行うのが特徴


Copyright(c) 葬儀・弔問.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com