遺言書.com

キリスト教には焼香がありません。
礼拝の際知っておきたいマナー・手順・作法

キリスト教の礼拝|葬儀・弔問.com

キリスト教のお葬式


キリスト教のお葬式

キリスト教の葬式に参列する際、先ず知っておかなければならのが、仏教や神道などとは「死の捉え方」が違うという点です。

仏教や神道の場合、亡くなられた人は「仏」や「神」となり、その故人の霊や魂を礼拝する訳ですが、キリスト教の場合、人が死ぬと天地の創造主である神の直接の支配下に置かれ、全てを委ねられるというもの。

要するに、故人は神や仏になるのではなく、礼拝の対象にはならないと言う事です。

キリスト教の葬儀で礼拝すると言うのは・・・。

神自信を礼拝することで葬儀の全てが完結するのです。

そしてもう一つは、残された遺族の悲しみを慰めるという事。
大きな意味では、この2点が挙げられます。

よって、故人の遺体に対面してもクリスチャンは拝むことはしません。

では、焼香の代わりに何を行うのでしょうか・・・。
それは、「献花」です。

主に白のカーネーションや菊など、茎の長い花を献花として用います。


キリスト教 献花の仕方

順番が来たら祭壇前に進み、係りの人に一礼してから両手で花を受け取ります。
この時、花の部分が右になるのが一般的です。

その後、祭壇に進み一礼して花の向きを変えます。

先ず、自分の方に茎の部分がくるように持ってきてから、時計回りに180℃回転させ、茎を祭壇の方に向けてから献花台に置きます。

そして頭を少し下げ黙礼、又は一礼したあと祭壇に向かったまま二、三歩下がり、遺族と牧師に一礼して自席に戻ります。

カトリックとプロテスタントでは違いがある?

その前に、キリスト教での葬儀は教会側が主催するのが一般的です。

葬儀の準備や進行などは、神父や牧師の指示に従い失礼の無いよう心がけたいところです。

キリスト教では、日本の事情に対応して臨終・通夜は自宅又は教会で行うことが出来ます。

また、通夜には決まった儀式などはなく、一般的には聖書の朗読、賛美歌の斉唱、牧師の祈りが捧げられ再び聖書朗読、賛美歌の斉唱と続き牧師の説教、そして故人を偲んでの感話と進みます。

その後、牧師・喪主・遺族・親族・参列者の順に献花が行われ、遺族代表者が感謝の気持ちを述べ通夜(前夜式)は終了します。

葬儀の後、牧師や近親者が茶菓子などを囲んで故人を偲ぶ茶話会が設けられます。(お酒は出ません)

両派の違いに関しては、カトリックでは儀式を重んじ、プロテスタントでは故人の信仰を重んじます。
故に、プロテスタントの方が形式に拘らない自由な葬儀を執り行います。

理由としては、プロテスタントは団体や宗派などの名称ではなく、また中心となる教会が存在しません。
その為、各教会によりその信仰の形やスタンスが違うので、葬儀の形も変わってきます。

*余談
カトリックでは、焼香も行う場合があります。しかし仏教とは違い、祈りの象徴として香りを用いると言う意味合いがあるようです。


【キリスト教・葬儀の流れ】
危篤・臨終 → 納棺 → 通夜(通夜の祈り:カトリック/前夜式:プロテスタント)→ 出棺式(出棺の祈り:カトリック)→ 葬儀・告別式 → 出棺 → 火葬 → 納骨・埋葬

キリスト教・葬儀・告別式の流れ

-- カトリックの場合 --

■葬儀の流れ
①入堂聖歌

聖歌が流れ神父が入堂。参列者はここで起立。棺は入り口付近で一旦止まり、ここで神父より聖水が注がれ祈りが捧げられる。その後、棺、神父、喪主、遺族の順に入場し棺は祭壇に置かれる。
②開式の辞
神父により棺と祭壇に再び聖水が注がれ、献香。その後、開式の辞が述べられ遺族が着席したら参列者も着席。
③葬儀のミサ
「言葉の典礼」と「感謝の典礼」が行われる。これは、神父が聖書の朗読や説教を行い、故人が永遠の命を得て、復活する為の祈りが捧げられる。

■告別式の流れ
①聖歌斉唱

参列者一同聖歌を歌い、告別式の開始を告げる
②弔辞・弔電の紹介
故人の人柄、生い立ちなどが紹介され、届けられた弔辞や弔電を紹介する。
③献花
喪主、遺族、親族、一般参列者の順に献花が行われる。
④遺族代表の挨拶
喪主が感謝の挨拶を行い告別式が終了。献花と挨拶の順が変わる場合もある。

-- プロテスタントの場合 --

①棺・神父・遺族の入場

オルガン演奏が始まり、参列者は起立。神父・棺・喪主・遺族の順に入場。棺が祭壇に置かれ遺族が着席した時点で参列者も着席。
②聖書朗読・祈祷・賛美歌の斉唱
牧師が聖書を朗読、その後祈祷を行う。祈祷の際、参列者は黙?をする。その後、参列者一同で賛美歌を歌う。
③故人の紹介・説教
故人の人柄や略歴を紹介。その後、牧師による説教が行われる。
④弔辞・弔電の紹介
届けられた弔辞・弔電を紹介する。
⑤オルガン演奏・祈祷
オルガンによる演奏を黙?しながら聴く。
⑥告別の祈り・献花
牧師による告別の祈りが行われ、その後賛美歌を全員で斉唱。そして、喪主・遺族・親族・一般の参列者の順に献花が行われる。
⑦遺族代表の挨拶
喪主による感謝の挨拶が行われ、葬儀・告別式の終了となる。時間や進行の都合上、献花と前後する場合もある。

*プロテスタントの場合、各教会により多少葬儀の形に違いがあるかもしれません。また、葬儀と告別式は分けずに進められます。
| ブラックフォーマルで悩んだら、まずはココをチェック!
ブラックフォーマルならTISSE

女性の為のフォーマル専門店【TISSE】

女性のフォーマルアイテムを専門に扱うネット通販サイト【Tisse】。

フォーマルスペシャリスト検定1級を所持するスタッフにより、厳選されたブラックフォーマルをコーディネート!
是非、試して頂きたいワンランク上のスタイルです。

また、対象商品2点が試着可能!もちろん、返品送料は無料!

ご自宅でゆっくり試着できる画期的なシステムを導入!

そんな点が『Tisse』が支持されている理由でもあります。

更に、フォーマルで必要なバックの他、コサージュ、アクセサリー、バック類もセンスの良いものばかり!

何かと悩むブラックフォーマルのコーディネート。
ココならまとめて簡単に選ぶことが出来ます。


初めての喪服・礼服選び:Tisse
葬儀・弔問 基本コンテンツ
そもそも弔問ってなに? 弔問とは?訪問する時のマナーは?遺族に迷惑を掛けない弔問の基礎知識をご紹介
葬儀・告別式の後の弔問って迷惑? 故人との関係が深いほど亡くなった人への思いは強いもの。だから後日弔問を行いたいけど・・・これって迷惑?
葬儀・告別式への出席 故人と自分との関係の深さで変わってくる葬儀・告別式への参列の目安。また、弔問に際しての注意点もご紹介
お焼香:宗派によっての違い 恥をかく前に、知っておこう! 宗派によって違うお焼香の作法。微妙に違う焼香の手順
葬儀・通夜・告別式 服装・マナー 故人との関係によって違う喪服の種類。準礼装?略礼装?相応しい礼服とは?
線香焼香:線香の灯し方・マナー・基本 宗派によって違う線香の本数・立て方。意外と知らない線香のつけ方をご紹介
弔辞を頼まれたら 弔辞の書き方や読み方など基本的なマナーをご紹介
弔電の仕方・マナー・文例 弔電の文例・宛名・宛先・打電の仕方などの基本知識をご紹介
家族葬とは:家族葬に弔問はできる?できない? 家族葬への弔問は、遠慮する場合と参列してもらいたいと言う遺族の希望があるので、判断に迷います
キリスト教 葬儀 作法・手順・マナ キリスト教の葬式に参列する際、先ず知っておかなければならのが、仏教や神道などの死の捉え方と違うという点
神道 葬儀 作法・手順・マナー 玉串奉奠? 神道(しんとう)の葬儀は少し特殊。弔問の際知っておきたいマナー・手順・作法をご紹介
座礼焼香のやり方・手順・マナー 立礼焼香とやり方は同じ。ただ、移動する際は常に中腰で
立礼焼香のやり方・手順・マナー 一般的な焼香のやり方。でも、チョッとした決まり事があります。また、宗派によっても違いが・・・
回し焼香のやり方・手順・マナー 座った状態で行う焼香。基本的には順序は同じ。スペースが狭い分、簡素に行うのが特徴


Copyright(c) 葬儀・弔問.com All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com