何かと悩むお葬式のフォーマルバッグの選び方


デザインかぶせブラックフォーマルバック

葬儀用の喪バッグと言えば、あのペッタンコになったクラッチバッグを思い出します。

そう!ほとんど物が入らないあのバッグです。
下手をすれば、袱紗すら入らない程の小さなサイズ。

『じゃぁ、黒っぽいバッグなら喪バッグじゃ無くても良いんじゃないの?』

フォーマルバッグを持っていない方からすると、こんな疑問が湧いてくる筈です。
ただ、やはりそこは葬儀・告別式と言う厳粛な場。マナー違反になるのでは?といった心配も・・・。

しかし、スマートフォンや長財布などを持ち歩くのが常識となっている現在では、従来の喪バッグでは納まりきれません!

ましてや、女性の場合だと女性特有の身だしなみや、エチケットに関しての小物などが必需品となってきます。

では、どんなフォーマルバッグがあるのでしょうか?
色々マナーに関しても制約があるでしょうし、どんなバッグを持って行ったら良いのか本当に悩みどころです。


最近の葬儀用フォーマルバッグは大容量に!

フォーマル喪バッグ

最近の喪バッグは、丸みを帯びた飽きの来ないデザインが主流となっています。

また、開口部が大きく開くようになっているので、物の出し入れもとってもスムーズに行えます。

そして、最大の特徴と言えば、画像でも解るように『マチ』の部分が大きく設計されている点!

自立型のこのスタイルは、袱紗や数珠、ハンカチなどはもちろん、スマホや財布なども十分入る大きさとなっています。

| 女性の手荷物に対応したフォーマル・サブバッグを!

フォーマル サブバッグバッグ・手提げ袋

とは言え、やはり女性の荷物はこの程度では収まらないのも事実。

日よけの折り畳み傘や簡単なメイク道具など、挙げれば色々出てきます。

ましてや、遠方からの参列となると付随する物が多くなります。

そんな時便利なのが、フォーマル サブバッグ(手提げ袋)です!

サイズ的にはA4サイズぐらいが基本となってくるようですが、そのスタイルやデザインも様々♪
こういったバッグをセットにして準備しておくもの良いかもしれません。

しかし、あくまでも葬儀・告別式にはブラックフォーマルの喪バッグが基本です。
その大きさに収まる位の手荷物しか持って行かない!が大人のマナーとも言えます。

サブバッグ等は、受付やクロークなどで前もって預かってもらいましょう。

| 喪バッグを選ぶなら撥水加工がおススメ!
喪バッグならTISSE

フォーマル専門店【TISSE】の喪バッグ

女性のフォーマルアイテムを専門に扱うネット通販サイト【Tisse】。
ブラックフォーマルでのデザインは、やはり偲ぶ心を大切にするシックで抑えたスタイルが定番ですが、Tisseが提供する喪バッグは、そんな飾らないデザインの中にもセンスを感じさせるスタイルが特徴的です!

また、急な雨の日でも気にならない『撥水加工』が施された喪バックは、持っておきたいアイテムの一つです。

葬儀用のバッグは、シンプルだから良いものを!
喪バッグ選びで悩まれているのなら、一度チェックしてみて下さい。


ブラックフォーマルに関する基本マナー

葬儀・告別式に相応しい靴とは? 葬儀・告別式への出席で見落としがちなのが靴。足元は意外と見られるところ。葬儀・告別式に相応しい靴とは
葬儀・告別式に最適なフォーマルバッグとは? 葬儀・告別式への出席で悩むのが荷物。葬儀用の小さなバッグだとほとんど物が入らない!どうしよう?
葬儀・告別式 ハンカチの色・柄 葬儀・告別式への出席で見られて無いようでチェックされているのが、ハンカチ。意外と悩まれている方も多い葬儀でのハンカチ選び